包茎手術 セックス

MENU

包茎手術のセックスへの影響

包茎であることによって、セックスに影響はあるのでしょうか?
包茎と一口に言いましても、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎の3つに分類することが出来ます。
真性包茎、カントン包茎の場合は、性交渉をすることそのものが難しいと言えるので、包茎手術は必須だと言っても良いでしょう。
問題なのは仮性包茎です。
仮性包茎では、性交渉に問題が残ることも少ないですので、パートナーと性交渉をすることが出来ます。
しかし、仮性包茎であることから女性に引け目を持ってしまう男性も多く、包茎であると言うことから女性に嫌われると思い込んでしまって、包茎手術を受ける方もいらっしゃいます。
仮性包茎であることで、亀頭が包皮に包まれていることから、早漏で悩んでしまっていると言った男性も少なくないようです。
亀頭が刺激に慣れていないことから、性交渉時の持続力に問題が出てくるケースです。
こうした時に、包茎手術を受けることで亀頭が常時露出することになります。
また、下着にも亀頭が当たるようになることから、常に刺激を受けている状態になり、早漏を解消することが出来るとも言われているのです。
また、亀頭が露出することになりますので、恥垢なども溜まることがありませんし、包皮の中に尿などの体液が溜まってしまうこともなくなりますので、異臭がすると言ったこともなくなり、清潔になると言っても良いでしょう。
包茎手術をすることによって、セックスだけではなく日常的な面であっても、多くのメリットがあると言っても良いでしょう。